A8ネットのファンブログへの広告の貼り方


 

上の図にあるように、このような流れで成果報酬がもらえる仕組みです。

 


 

成果報酬をもらうなら、高額なセルフバックをA8netのキャンペーンで探して申し込んだ方がお得です。
高額なセルフバックなら、メディアランクをジャンプアップして上げることも可能です。

 

 

  1. A8netの会員になる
  2. 自分のファンブログに記事を書く(一行でもOK)
  3. 楽天カードの広告を貼る
  4. 広告をクリックしてカードに入会する(5分で簡単手続き)
  5. カードが来たら、お買いものでカードを使うとさらに楽天5000ポイントが付与される

以上の5項目について詳しく解説していきます。

 

A8netの会員になる

 

A8netのサイトに入り、無料会員登録タブ1のボタンと押すと

 

この画面に替わり
A8net会員登録の記入事項
会員登録項目画像エーハチくん1
メールアドレスを記入して送信します。
送られてきたA8netのメールにあなたの名前、住所、成果報酬の振込口座、A8netのサイトに入るIDとパスワードなど、基本情報を記入します。そして、A8netの規約を確認すればすぐに無料会員になれます!

 

自分のファンブログに記事を書く(一行でもOK)

 

 

A8.netに登録すると、A8.netの無料ブログサービス「ファンブログ」がすぐに使えます。

 

アフィリエイトに利用できるうえ、他の無料ブログと異なるポイントは「記事を更新している限りは、自分が掲載した広告以外の広告が表示されることがない」ことです。
ファンブログ画像エーハチくん1

 

そのため、自分が宣伝したい商材の広告を存分にアピールできます。
※30日以上新規記事が投稿されないと、自動で広告が表示されます。

ファンブログの設定と記事の書き方
  • ファンブログの設計
についてです。

 

ファンブログの設計ですが
紹介したい商品のジャンルから、ファンブログのタイトルを決めていきます。

 

私の個人的な意見とししては、ジャンルには節約、ダイエット、健康、腕時計、ギャンブル(宝くじ パチスロなど)がおススメです!
タイトルを例えば
「セルフバックと楽天ポイントで節約しながらお金を貯める!」
このように自分のブログのタイトルを決めます。

 

次にファンブログの自分のアドレスを      の中に決めなければなりません。
http:// fanblogs.jp/      /
例えばselfback_setuyaku_tyotikuを      に入れるといいんじゃないでしょうか?

 

あとやることは、次の3つで終わりです。

 

一つ目⇒ブログのデザインを選びます。
ブログデザイン設定
両サイドバーは必要な記事や項目を入れやすくおススメです!

 

二つ目はプロフィールを書きます。
画像のプロフィールは私のものです。名前はペンネームでもOKです。
ブログプロフィール設定
これを見ながら進めていってください。

 

三つ目です!ブログの細かい設定です。
記入するとき、みなさんが困らないように順に画像を掲載しましたので、参考にしながら記入していきましょう。
※つながっているので、つなぎ目を見ながら進めていくと良いです。
※キーワードは、こんなにいっぱい入れずに3つ〜5つ入れておきましょう。
※Googleアナリスクの設定はなしでもOKです!

 

ブログ詳細設定1画像

 

ブログ詳細設定2画像

 

ブログ詳細設定3画像

 

ブログ詳細設定4画像

 

楽天カードの広告を貼る

 

アフィリエイトの広告の貼り方
  • プログラムを選んで広告コードを取得する
  • 広告コードを記事に貼る
  • あとは手続きをするだけでOKです。

     

     

の流れで説明します。

 

A8net基本画面
A8net基本画面1

 

A8netの基本画面の真ん中より下の方にセルフバックの広告に入るボタンがあります。

 

 

セルフバック画面1

 

 

これですセルフバックボタンこれをクリックすると

 

楽天カード セルフバック デイリーランキング
セルフバック デイリーランキング1位の楽天カードのバーナーがあります。
それをクリックします。

 

すると、
楽天カード セルフバック セルフバック申し込み
セルフバックの内容が書かれてあります。

 

 

セルフバック申し込みボタン
セルフバック申し込みボタンを押して

 

 

 

 

  • 広告をクリックして口座を開設する(5分で簡単手続き)
  •  

  • 楽天カードが来たら、5000ポイント付与されるのを待つだけ
  • page top